一般社会法人プリペイドシステム協会

プリペイドシステムは「インのクリア」の推進を目的として生まれました。

インのクリア

パチンコ遊技及び回胴式(パチスロ)遊技は、広く国民的レジャーとして親しまれ、その推計市場規模はなお24兆円((公財)日本生産性本部発表の「2015年版レジャー白書」)をこえており、レジャー産業の中でも大きな位置を占めている。
このような遊技産業の近代化と発展に寄与すべく、プリペイドシステムは遊技場の売上管理システムとして「インのクリア」の推進を目的として生まれました。
プリペイドシステムにあたっては、店舗とは別のシステム運営会社(協会加盟企業)がカードユニットを通じて入金情報を管理し、売上の透明化をサポートすることが、その主な機能となります。

インのクリアの要件

「インのクリア」を実施するためには、以下の要件が重要です。

ア. 入金情報の管理を行うための情報収信処理センターを加盟企業が有していること
イ. 入金消費額を書面で加盟店に毎月通知していること
ウ. パチンコプリペイドシステムで管理しているホール内の情報処理端末から所定の情報を加盟店がホール内で入手、収集できること

これらは「インのクリア」のため、システム運営会社が第三者として情報を管理する一方で、店舗側においても「インのクリア」を実行できるようにするためには欠かせない要件です。